1万人のブログ!名古屋 経営コンサルタント物語

名古屋のコンサルタント会社、ゼネット代表“岩佐 卓”のブログ
新規事業立ち上げ・営業・集客・社内改革のコンサルティングおよび企画立案
リフォーム会社の立ち上げ方
リフォーム会社にとって「集客する場」はいつも頭を悩ませる。

自動車業界がお客様のお宅へ押しかける訪問営業スタイルから
現在の来店型ショップスタイルに変革したように、
リフォーム業界も変革期に来ている、ように思う。

なので、リフォーム業の新規参入の成功の秘訣は?

と問われれば、「ショップを持つこと」と答える。

ようはお客様が来店する「場」をもつことだ。
従来の事務所ではない、あくまでもお客様が
来店できる「ショップ」だ。

もちろん、ショップだけが集客する場ではない。

ゲリラ的にキッチンメーカーのショールームや
公共の施設を借りたりして、
リフォーム相談会やセミナーなどを開催し、
実績を上げている会社もある。
各社あの手この手と「集客の場作り」に余念がない。

しかし、ショップがあるか、ないかでは大きな差。

投資ができるなら、いち早く「ショップ」という集客の場を
もつことをお薦めする。
ゲリラ戦略はショップをもってからでも遅くはない。

ただし!

同じリフォームでも増改築を伴う大型リフォームと
修理修繕の小型リフォームでは、単価が10倍以上違う上、
商品としての「性質」も違う。

まったく違う商品といっても言い過ぎではないだろう。

性質の違う商品が同じショップに並ぶのはナンセンス。
当たり前といえば、当たり前。
牛丼とフランス料理が混在している飲食店がうまく行くとは思えない。
(あるとすれば、他に競合店がない田舎町かな)

逆にリフォーム業界に限って言うなら、
ショップを持って事業運営するなら「大型リフォーム」を
商品コンセプトにしたほうがベター。

うまく言えないが、商品の性質とお客様の行動パターン、
そして、採算ベースを実例から予測すると、そう思う。

さて、その集客の場としてのリフォームショップ。
皆さん、イメージがそれぞれ違うと思う。

キッチンやトイレといった設備機器などを並べているショップ。
建築家などのリフォーム作品を展示形式で紹介しているショップ。
不動産屋さん形式で、サンプルやパンフレットを並べているショップ。

いずにしろ、まずは戦略ありき。
戦略にそったショップを創る必要がある。
(これがめちゃくちゃ大事)

元々ホームグランドなので、「場」の力はある。
ゲリラ戦略よりは確実に成約率はいい。

さらに、その「場」の創り方、運営方法に一工夫加えることで
成約率が大きく違ってくる。

具体的な方法はまたの機会とさせていただくが、
小売店などを参考にすると面白いショップになるだろう。

集客する場に力をつける。
「場力」理論が活きてくる。






岩佐の会社はこちら。
メルマガ登録はこちら。
| リフォーム業界(コラム) | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+RECOMMEND
最強の名古屋商法 実践編
最強の名古屋商法 実践編 (JUGEMレビュー »)
007名古屋商法
岩佐共著【話題の第2弾】
+RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ