1万人のブログ!名古屋 経営コンサルタント物語

名古屋のコンサルタント会社、ゼネット代表“岩佐 卓”のブログ
新規事業立ち上げ・営業・集客・社内改革のコンサルティングおよび企画立案
仕事と家庭と、どちらが大切なのか?
JUGEMテーマ:ビジネス

「仕事と家庭とどちらが大切なの!」

って、夫婦ケンカ、したことないですか。
うちは・・・です(苦笑)。

「美味しんぼの鼻血問題」
そう、「放射能問題」は、この夫婦ケンカと似ていますよね。

政府は「国」を守ろうとします。
だから「放射能の影響なんてないよ」と言います。
と、思いたいのもよくわかります。
保障や責任のことを考えると「影響ある」なんて決して言えません。
反対の声は言語道断です。

一方で、国民(すべてではないでしょうけど)は
「子供」を守ろうとしますから、「影響がある」と考えます。
例え、それが1人であっても自分の子供に影響があった(と実感したら)ら
声を上げるのが当然です。
参考記事

家庭に例えるなら・・・

政府はお父さん
国民はお母さん

って感じでしょうか。

私はこの問題に関しては
「お母さん」の立場で考えています。

なぜなら、「子供の命は親が守る」必要があるからです。
小さな子供の命は親の意思決定がすべてです。
その意思決定が原因で、仮にリスクが数%でも、自分の子供がガンになったら
たまらない・・・です。
「首相が大丈夫って言ったんだ」って
子供に言訳するわけにもいきません。
当事者ではない(と思っている)から、余計にそう思います。


皆さんはどのようにお考えでしょうか。







 
| 東日本大震災について | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://xenet.nagoya.ac/trackback/1316495
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+RECOMMEND
最強の名古屋商法 実践編
最強の名古屋商法 実践編 (JUGEMレビュー »)
007名古屋商法
岩佐共著【話題の第2弾】
+RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ